velo/自転車三昧


自転車 自分で組んだりいろいろやってます。
by velokichi
プロフィールを見る
画像一覧

BB・AヘッドOH

 とりあえず、写真は後からアップしよう(独り言)。

 先週末は、思い立って愛車2台(今回はアマンダとProjectM)の整備(BBとAヘッド)をした。本音としては、現在つけているクランクアームとチェーンリングを換えたかった、というのが実のところ(性能に不満はないが、色がイマイチ気に入らない)。ちなみにカンパニョーロです。
  
 付け替えるクランクは、手持ちのもの(レコードと今はなきグレードのデイトナ)。

 我が愛車のBBはカップアンドコーン式+スクウェアテーパークランクなので、定期的なメンテをする必要があるのだが、この場合メンテとは必然的にばらし=OHとなる。

作業自体は、外装を軽く清掃 → パーツを車体から外す → グリス、汚れなどをクリーナーで落とす → パーツの状態をチェックする  → 新しいグリスをパーツに塗布する(今回は主に軸受け) → パーツを組み付けて指定トルクで締め付ける → 動作確認 → 終わり。

 となるのだが、 ちょっと手こずった。

2台ともBBシャフトを左右ひっくり返してFDとの相性を計っている。これはチェーンリングとかQファクターといった要素は考慮せず(たぶん考慮しても調整できないだろう)、FDの変速が適切にできるようにするための対応なのだ。

 ちなみに、BBシャフトはピストのようなシングルスピードでは左右対称であることが普通だが、ロードの場合はチェーンリングがある分、右側が長くなっている。

 カップアンドコーン式のBBはスクウェアテーパークランクとの相性がある。マニュアルを見れば適切な組み合わせが明記されているけれど、私の持っているBBシャフトがクランクとイマイチしっくりこない。

 具体的には、フロントのアウターチェーンリングにうまくチェーンが乗らないのだ。

 メンテスタンドに自転車を固定して変速させてみて、何とか変速しても、3本に乗りながら変速してみるとイマイチうまくアウターに乗らない。

 では、と調整した上で、今度は実際に外で走ってみると、またまたアウターにうまく乗らない。

 つまり、FDの位置とチェーンリングの位置が適切じゃなくて、チェーンリングをもっとFDに近づける、或いはFDをチェーンリングに近づける、という調整をしなければいけないということになる。

 とはいっても、それだけを念頭に調整すると、今度は別の不具合が出るので、やむを得ずBBシャフトを左右ひっくり返してチェーンリングをフレームに近づける、という対処をする。

  
[PR]
# by velokichi | 2014-03-10 18:07 | メンテナンス

更新できない

といいながら、形式的にでも更新しておきます。

前回の記事を書いた後、エルゴパワーレバーの分解整備(OH)を行い、愛車の内の1台であるProjectMのカップアンドコーン式BBをばらしてグリスアップをするなど、チョコチョコいじっています。

乗るほうは、生活パターンが結構変わってしまったので、大した距離を乗れていないのが残念。外に出るだけの時間が十分確保できないときは3本ローラーに乗ってお茶を濁しています。
[PR]
# by velokichi | 2014-03-06 10:18 | 雑感

更新できない

といいながら、形式的にでも更新しておきます。

前回の記事を書いた後、エルゴパワーレバーの分解整備(OH)を行い、愛車の内の1台であるProjectMのカップアンドコーン式BBをばらしてグリスアップをするなど、チョコチョコいじっています。

エルゴパワーレバーは、写真を撮りながらOHしたので、それを本ブログにアップすればいいんだけど、ちょっと億劫でそのままになっている。頻繁にOHをやっていれば手際よくできるけど、たまにしかいじらないから、どうしてもスムースに作業が進まないことがある。さらに、写真を撮るとなると、軍手外す手間がかかるから、作業のリズムは悪くなる・・・。なんて言い訳は誰も聞きたくないだろうから、そのうちアップしよう。まあ目的は、自分自身のメモとしてなんだけど。

乗るほうは、生活パターンが結構変わってしまったので、大した距離を乗れていないのが残念。ほんと走行距離激減ですよ。外に出るだけの時間が十分確保できないときは3本ローラーに乗ってお茶を濁しています。

今所有している17年程前のZX-7RRというオートバイを走らせる時間も欲しいので、自転車をいじったり乗ったりする時間がなくなるのは必然でしょう(オートバイをいじる必要もありますから。まだエンジンまでばらしていないけど・・・)。

特にオートバイに再び乗り出してから(あまり乗ってはいないが)、自転車にさほどお金を掛けられなくなった。

その結果改めて認識したのは、機材はなるべくシンプルな方が、初期コストも維持費も安く済むので良い、という当たり前のこと。

趣味で地味に乗り込むのであったら、修理も比較的容易にできる(損傷したパイプの付け替え等)、重くても、もっさりしていてもクロモリが無難ですね。

でもね、やはり新しいバイクが欲しくなる気持ち(物欲ですね)は良く分かるんだな。私の場合も、クロモリフレームできれいなカラーリングのものがネットで宣伝されていると、欲しくなります。そのような場合、「高い金出して買うくらいだったら、また自作すればよいだろう」、と思い直して物欲を鎮めています。
[PR]
# by velokichi | 2014-03-06 10:18 | 雑感

しばらく更新できません(アマンダのカーボンバイクについてちょと)

 自転車をいじる時間と乗る機会が激減しています。

 方針を変えて、もっと軽い内容(一回辺りの情報量を減らす)にしたほうが長続きするかなぁ、と思ったりします。

 乗るほうは、特に目新しい話はないので話題にすることは控えて、いじるほうと作るほう(フレーム作り…今は出来る環境にないけれど)を中心にぼちぼちやっていこうと思います。

 いずれにしても2,3ヶ月はあまり更新できません。

 あっ。マツナガさんのProjectMをしばらく乗っていて、その後アマンダに乗ったら、アマンダの重さに驚いた。スペック的にはどちらも大きく違わないのだけれど。でもアマンダはクロモリフォーク、ProjectMはEASTONのカーボンフォークなので、その違いが結構大きいかも。

 軽量バイクとアマンダは対極的な位置付けになります。よくアマンダは進むという方がいらっしゃいますが、それは剛性の高いカーボンパイプを使っていることもあるでしょうが(力が逃げないから進む)、(逆説的な言い方ですが)それ以上に重いということが理由として挙げられるのではないでしょうか?

 アマンダは、停止状態からの発進や巡航からの加速の場合、反応は鈍いと思います。これは実感です。また、一度スピードが上がればその運動エネルギーが軽量バイクよりありますから、スピードが落ちにくいです。これが「進む」という感覚なのかな?と想像しています。

 ですからアマンダは軽量バイクのようにきびきびと走ってはくれません。そのような要素をアマンダのカーボンフレームに期待するとおそらく裏切られることになるでしょう。

 重いのに上り坂で進むという見解に対しては、私自身あまり経験がないのでなんともいえませんが、もしかしたらカーボンの剛性のおかげかもしれません。

 ヒルクライムをするのであったら、アマンダではなく軽量バイクを私なら選びます(個人的にはヒルクライムには興味がないのですが)。

 私が求めているのは高速ダウンヒルでの剛性感で、アマンダはその要請にかなっています。

 
 アマンダのカーボンフレームは、その剛性等の観点でクロモリフレームを基準に作られているそうです。クロモリフレームに乗った人ならわかるでしょうが、カーボンバイクと比べれば、その走りは重厚です。それが安心感につながっているような気がします。振動とかしなりなどということ以前に、私にはその安心感が良いと思います。細いパイプなのにずっしり重くてがっしりしている。

 壊れても直せるのも美点のひとつですね。私の場合は、リアドロップエンドのゆがみの修正でこの美点を味わいました(壊れたわけではなかったのですが)。

 以上の話はフレーム以上にホイールの剛性が関わってきますが、因みに私の場合は、手組みのチューブラーホイールで、14番プレーンスポーク(6本組み)で作ったホイールでの話です(私が組んだこのホイールでの高速ダウンヒルは、ちょっと怖かった。もっとスポークテンションをあげるべきだったかも・・・)。
[PR]
# by velokichi | 2013-09-30 11:47 | 雑感

エルゴパワーレバー(レコード10速右)OH

どちらかというと、自分用備忘録として記録します。

 先々週エルゴパワーレバーを分解したときは、えらく苦労したから・・・

 でも今回は一眼レフで写真を撮りながらの作業にもかかわらず、右側のバラシ、チェックと組立のOH全行程時間は2時間もかからなかった。すっかり構造を思い出しました。

 まずは、お題のエルゴパワーレバー右側です。ばらしてみてわかったのですが、こちらは以前自分でOH後使用せずに保管していたものでした。 
b0176877_23515529.jpg


 まずはブラケットのカバー(ラバー)を外すのですが、ハンドルに装着したままで外す方が力が入りやすいかもしれません。また、このカバーは本体にぴったりくっついているので、私の場合滑りをよくするために、シリコンスプレーをカバーと本体の間に適当に吹き付けから外します。

(すみません、とりあえずここまでアップして続きはまた。・・・写真を加工してアップする手間隙をうまく取れません。近々アップします)。
[PR]
# by velokichi | 2013-05-20 00:04 | メンテナンス

カテゴリ

全体
自転車トレーニング
メンテナンス
機材・パーツ
機材(my bikes)
雑感
未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

車・バイク
自転車・バイク

画像一覧